So-net無料ブログ作成

今年もやって来て、そして過ぎ去った、8月2日、パンツの日。51歳と二日。

 たくさんのコメント、バースデーメッセージ、ありがとうございます!おかげさまで51歳になりもうした!
 誕生日当日は小雨降る上野でのお仕事、そして翌日は早朝から青梅での撮影。残念ながら、飲んで食べてパーティー気分に浸るわけにもいかず、グッとこらえてノンアルコールビールで乾杯。
 今のノンアルコールビールって美味しいのね。いい機会だったのでいくつかノンアルコールビールを飲み比べてみましたが、それぞれ味に個性を感じて、なるほど〜と感心してしまいました。そんな企業努力が結構好き。
 例えば、使いやすくパッケージがデザインされてたり、創意工夫があると、妙に嬉しくなってしまう私。あ、思い出した、最近どうにかなんないかなぁと思ってるのは、スーパーとかで売ってるお寿司とかのパッケージ。あれ、持って帰ってくるだけですんごい片方に寄ってたりしない?二列だったお寿司が、一列になってたり。ツルッツルの素材だし、いくつかの袋と持ってると必ず傾くでしょ?あれ、どうにかなんないのかなぁ〜(お前の持ち方に創意工夫しろ!?)。
 そんなことを考えている51歳でした……大丈夫か?
 これからもよろしくお願いしまーす!

 お返しにこちらの曲を。創意工夫があって、なんか泣ける……。





コメント(13) 

さてさて、前回の続きでございます。

 無事「車山」から下山した私は、いざ!温泉へ!ま、これがあるから、頑張って登ったっつーのもあるんだけどね。
 目指すは「片倉館」。外観はこちら。

IMG_2200.jpg

 こちらは国重要文化財指定。製糸業を営んでいた片倉さんが地域住民のために造った温泉大浴場などを備えた福祉施設。ほぼ完成当時のまま残っているそうですよん。すごいな〜。
 お風呂は「千人風呂」と名付けられており、まるでプールのよう。底には玉砂利が敷き詰められ、足裏にいい刺激が。そして深い。注意書きには、やはりっ!『泳がないでください』。
 古い洋館も好きだし、温泉も好きな私には、かなり面白い不思議な経験でございました。
 興味のある方はこちらをどうぞ。 http://www.katakurakan.or.jp  知らない場所がまだまだいっぱいあるのね。

IMG_2186.jpg

 そして風呂上がりには、あらら懐かしい、瓶のコーラ。

IMG_2171.jpg

 うまいっ。

 でね、もう一軒、気になる温泉が。そこは「旦過の湯」。料金は230円で、地元の方が通う銭湯といった感じでしょうか?行っちゃおうかな?はい、行っちゃいましょう。
 途中「諏訪大社」へ立ち寄りお参り。

IMG_2216.jpg

 こちら、出ているのはなんと、温泉っ!ウッキウキで手を清めたら「熱っ!!」とかなりの高温にびっくり!『熱いのでお気を付けください』って書いてありました……。

IMG_2212.jpg

 うわっと〜!立派なしめ縄!

IMG_2218.jpg

 そして「旦過の湯」に到着〜。ここのお風呂、熱くて有名だそうで、そうは言ってもつかれないほどじゃないだろう、と思って来ましたが……。
 中に入ると、それぞれ温度が違う湯船が3つ。そして、一番熱い湯船から溢れるお湯が、フチを歩いてる足にかかっただけで「熱っ!熱っ!」と、爪先立ちに。まずい……これはまずいぞ。
 そこでまずは、3つの中で一番温度が低めの湯船で体を慣らす作戦に。
 しばらくつかった後、続いて第二段階の湯船へ。足を入れる。……おおっとぉ、かなり熱い。熱いがぁ……よしっ、なんとか行けた。肩まで行けた。よしっよしっ。ここで体を慣らしてぇ、いよいよ最終段階。一番熱い湯船に挑戦!
 脇には湯もみ用の棒。これで湯もみしてっとぉ。よし、行くぞ!と、恐る恐る足を入れ、肩までつかってぇ「いち、に、っっっっっっダメだダメだダメだ、痛い痛い痛い!!」と飛び出ましたっ!!わずか一秒ちょいでギブアップ!熱かったぁー。
 湯上り後もしばらく汗がひきませんでしたが、そのあとやって来る爽快感が心地いい〜。

 上諏訪駅の近くには、酒蔵が何軒か立ち並んでいる一画があって、そこの「麗人酒造」で日本酒を購入。そして締めくくりは、酒蔵の方に教えていただいたお蕎麦屋さん「更科」へ。美味い!このあたりはうなぎも美味しいらしいですよ〜。

 いやはや、見るとこ飲むとこ食べるとこ、そして温泉と、満載だな〜。また来たいなぁ〜。諏訪大社でそこのところ、お願いしとくんだった〜。

 おわり〜。